cozycatag.png   top>blog

2019年07月25日

京都の夏の風物詩「祇園祭」!

こんにちは!
こちらのブログでははじめまして!の登場です。
 
表現社のブランドcozyca products製品を扱う、
京都にある直営店HIRAETHの店長をさせてもらっています、
企画チームの大島です。
 
今回、東京で開催されていた手紙社様主催の紙博へ出店していたため、小田村が参加できなかった京都のお祭りを、私が代わってご紹介させていただきます!
どうぞ、お手柔らかに。。
 
 
では早速。
今回は、皆さまご存知!京都の夏の風物詩「祇園祭」のご紹介です。
 
7月の一か月間、前祭、後祭と、様々な催しが行われる祇園祭。
古くは平安時代に疫病・災厄の除去を祈った祇園御霊会を始まりとする、八坂神社の祭礼だそう。
 
私は15日の夜、前祭宵山(宵々山)に参加してきました。
夕方18時〜四条通が歩行者天国になって、山鉾に吊り下げられた提灯に火が灯り、太鼓や笛の音が祭りを盛り上げます。

image1.jpeg

通りには多くの屋台が並び、観光客や、地元の子どもからお年寄りまで、老若男女、例年大勢の人で賑わうこの行事。
 
image2.jpeg

この日は幸いにも例年に比べると比較的涼しく(夜は肌寒いほど)、
三連休最終日の晩ということもあってか、人が少な目で、
たくさんの山と鉾をたっぷりと眺めて楽しむことができました。
 
 image4.jpeg

image5.jpeg
 
あちこちで賑やかに飛び交う笑い声とお囃子の音。
お子さまからおじいちゃんおばあちゃんまで、みんながニコニコ。
普段は車がびゅんびゅん走る大きな通りを
堂々と闊歩できるのも、この日だけ。なんだか特別で優越感♪
 
個人的には人生二度目の祇園祭への参加でしたが、
きっとこれから、年を重ねるごとに
このお祭りを体感して初めて、「夏が来たー!」と思うのだなぁと
そんなことを考えながら歩いていました。
 
 
京都にはそんな風に、年に一度の特別なお祭りが数多くあります。
どれもこれも体験したい!おすすめしたい!
 
せっかく京都にある会社、お店なので、
これからも、企画チームみんなでこちらのブログで
少しでも京都の魅力をお届けしていけたらいいなぁと考えています。
 
 
祇園祭はこのあとも「後祭山鉾巡行」や「花傘巡行」など
7月いっぱいまだまだ催事が続きます。
 
気になる方は、ぜひお出かけください。
 
 
それではまた!登場します。
 
企画室/HIRAETH 大島
posted by 企画室・オダムラ at 16:59| お祭り

2019年07月11日

桔梗のお寺 天徳院

またしても前回の投稿から時間が経ってしまいました…。

さて、季節は梅雨時。
お出かけがおっくうになったり、あまり何事にも乗り気がしない時期ですが、
個人的にわざわざ見に行きたい、好きなお花がありまして…。

それは「桔梗」です。
きりりとした紫色と、可愛らしすぎない花びらのフォルムがとっても好きです。

先日、縁側でゆっくり桔梗が眺められる、素晴らしいお寺「天徳院」に
おじゃましてきましたのでご紹介します。

1.jpg

2.jpg

京阪「東福寺」駅から10分ほど、本町通りをまっすぐ歩きます。
大きな”おさかな”提灯が気になります…。

3.jpg

こちらが入り口ですね。
おじゃまします。

4.jpg

すでに先客の方々が、縁側でくつろいでおられます。

5.jpg

6.jpg

8.jpg

9.jpg

美しいですね。ちょっと携帯のカメラでは、うまく表現できないのですが…。
やっぱりこの凛々しい佇まいが好きです。

7.jpg

縁側、またはお部屋の一角で、お茶もいただけますので
ぜひ美しいお花を眺めながら一服してみてくださいね。

ほど近くに東福寺もあるので、そちらもおすすめです。

ご覧いただきありがとうございました。
(企画室/おだむら)

天徳院_20190711-042435.png
posted by 企画室・オダムラ at 17:05| Comment(0) | 寺社仏閣の拝観

2019年06月12日

お財布の中身と、目が足りない。平安蚤の市19.6.10

先日、岡崎公園 平安神宮前広場にて 毎月10日に開催されている
「平安蚤の市」にお邪魔しました。

前々から関美穂子さんデザインのかわいいポスターは気になっていたものの、平日だとなかなか行きづらく。
今回は「視察」?ということで、堂々と行ってきました!

20190610_133451.jpg

どんよりとした空の下、鮮やかなのぼり旗がはためいています。
しかしこの広場、いつもイベントが開催されています。広々として景観が良くって、周りに観光スポットがあるのでついでに覗くことができるいいスポットなんですよね。

お茶したくなったら、目と鼻の先に蔦屋書店さんのカフェスペースもあります。

蚤の市ということで、販売しているものは古道具が中心。
お店の什器に使ったら雰囲気が出そうな机や、絵本に出てくるような丸イス、チェコの子供が遊ぶ人形、何に使うかわからないけど集めたくなる小瓶…

目移りしてしまって目が足りないのと、物欲が湧いてきて散財してしまうという危機感を感じたのですが、程よい?ところで強烈な雨が…

上桂にあるアンティーク・雑貨のお店Sutekkiさんと、二条駅近くのおしゃれな雑貨屋yanneさん(近日中に移転されます)のブースにお邪魔したあたりに特に雨あしが強くなり、さすがにこれは…となり平安神宮に避難。

20190610_143910.jpg

屋外のイベントはその日の天気にどうしても振り回されてしまうのが辛いところ。
あまりゆっくり拝見できなかったのですが、魅力的なお店が多く楽しめたので、長く続くイベントになるといいなと思いました。

平安蚤の市、ぜひみなさまのご予定に加えてみてくださいね。

ご覧いただき、ありがとうございました。
(企画室/おだむら)
posted by 企画室・オダムラ at 17:19| Comment(0) | アートイベント