cozycatag.png   top>blog

2019年07月11日

桔梗のお寺 天徳院

またしても前回の投稿から時間が経ってしまいました…。

さて、季節は梅雨時。
お出かけがおっくうになったり、あまり何事にも乗り気がしない時期ですが、
個人的にわざわざ見に行きたい、好きなお花がありまして…。

それは「桔梗」です。
きりりとした紫色と、可愛らしすぎない花びらのフォルムがとっても好きです。

先日、縁側でゆっくり桔梗が眺められる、素晴らしいお寺「天徳院」に
おじゃましてきましたのでご紹介します。

1.jpg

2.jpg

京阪「東福寺」駅から10分ほど、本町通りをまっすぐ歩きます。
大きな”おさかな”提灯が気になります…。

3.jpg

こちらが入り口ですね。
おじゃまします。

4.jpg

すでに先客の方々が、縁側でくつろいでおられます。

5.jpg

6.jpg

8.jpg

9.jpg

美しいですね。ちょっと携帯のカメラでは、うまく表現できないのですが…。
やっぱりこの凛々しい佇まいが好きです。

7.jpg

縁側、またはお部屋の一角で、お茶もいただけますので
ぜひ美しいお花を眺めながら一服してみてくださいね。

ほど近くに東福寺もあるので、そちらもおすすめです。

ご覧いただきありがとうございました。
(企画室/おだむら)

天徳院_20190711-042435.png
posted by 企画室・オダムラ at 17:05| Comment(0) | 寺社仏閣の拝観

2019年06月12日

お財布の中身と、目が足りない。平安蚤の市19.6.10

先日、岡崎公園 平安神宮前広場にて 毎月10日に開催されている
「平安蚤の市」にお邪魔しました。

前々から関美穂子さんデザインのかわいいポスターは気になっていたものの、平日だとなかなか行きづらく。
今回は「視察」?ということで、堂々と行ってきました!

20190610_133451.jpg

どんよりとした空の下、鮮やかなのぼり旗がはためいています。
しかしこの広場、いつもイベントが開催されています。広々として景観が良くって、周りに観光スポットがあるのでついでに覗くことができるいいスポットなんですよね。

お茶したくなったら、目と鼻の先に蔦屋書店さんのカフェスペースもあります。

蚤の市ということで、販売しているものは古道具が中心。
お店の什器に使ったら雰囲気が出そうな机や、絵本に出てくるような丸イス、チェコの子供が遊ぶ人形、何に使うかわからないけど集めたくなる小瓶…

目移りしてしまって目が足りないのと、物欲が湧いてきて散財してしまうという危機感を感じたのですが、程よい?ところで強烈な雨が…

上桂にあるアンティーク・雑貨のお店Sutekkiさんと、二条駅近くのおしゃれな雑貨屋yanneさん(近日中に移転されます)のブースにお邪魔したあたりに特に雨あしが強くなり、さすがにこれは…となり平安神宮に避難。

20190610_143910.jpg

屋外のイベントはその日の天気にどうしても振り回されてしまうのが辛いところ。
あまりゆっくり拝見できなかったのですが、魅力的なお店が多く楽しめたので、長く続くイベントになるといいなと思いました。

平安蚤の市、ぜひみなさまのご予定に加えてみてくださいね。

ご覧いただき、ありがとうございました。
(企画室/おだむら)
posted by 企画室・オダムラ at 17:19| Comment(0) | アートイベント

2019年06月05日

”馬の目”を通して神様が舞を鑑賞。御蔭祭2019,5/12

第一回目の投稿の後、「御蔭祭」にもお邪魔してきたので
記事をアップしますと言っておきながら、しばらく時間が経ってしまいました…。

さて、京都三大祭の一つ「葵祭」の前祭、「御蔭祭」を見学したお話です。

御蔭祭の歴史は古く、紀元前581年ごろより続く神事らしいです。
と言われてもなんだかピンときませんが…。

どんなお祭りかざっくり説明すると、下鴨神社の祭神である”荒御魂(あらみたま)”を、比叡山麓の御蔭神社から下鴨神社へお連れして、その後本殿におられる”和御魂(にぎみたま)”と合体され、若返りして力を回復していただくお祭りだそうです。
いわば神様のリフレッシュタイムでしょうか…?


私が今回見学してきたのは、お祭りのクライマックスに当たる”切芝神事”です。

下鴨神社の境内の、糺の森(ただすのもり)で行われる神事で、御蔭神社でお生まれになった荒御魂を背負った神馬が舞楽・東遊(あずまあそび)の奉納を受ける儀式です。

馬の目を通して神様が舞をご覧になり、お馬さんがおとなしくしていた年は舞を気に入られたということで”安泰”なのだそうです。
今年はどうでしょうか…?

1.jpg

2.jpg

3.jpg

お参りを済ませ、午後3時40分ごろに糺の森に到着。
カメラをバッチリ下げた、常連さんと思しきお客さんがちらほら。
神主さん(というよりお祭りの実行委員の方?)が、行列の進行状況を逐一報告してくださるので、ちょっと気分が盛り上がります。

4.jpg

荒御魂をお連れする行列が到着。
昔の装束が美しいです。そういえば、こういう”お祭りで装束を着て練り歩く方々”はどういう方なんでしょうか?場合によっては数キロ歩かないといけないので大変そうですが、少し参加してみたい気もします。

5.jpg

舞楽「東遊」が始まりました。
雅なメロディーが、静かな糺の森に響いています。
お馬さんも心なしか聞き入っているような…?

6.jpg

7.jpg

7.jpg

この後、一行は下鴨神社本殿に向かわれました。
荒御魂と、本殿におられる和御魂が一つになり、お祭りは終了になります。
神様、元気になられたでしょうか。
みなさまもリフレッシュされた下鴨神社の神様に会いに行かれてはいかがでしょうか。
弊社ではそんなお参りにピッタリな「御朱印帳」をご用意しておりますので、ぜひご活用くださいね!

IMG_5255.jpg

表現社 御朱印帳

ところで前述した「御蔭神社」ですが、こちらの神社で荒御魂がお生まれになるとのことで、おそらく相当なパワースポットなはず。

行きたいな〜と弊社アートディレクターに話していたら。「ウチの近所だよ」とのこと。
写真を撮っていただいた(ありがとうございます!)のでこちらもご紹介します。
なんだか厳かな雰囲気ですね…。いかにも神様がおられそうな。
近々パワーをいただきにお邪魔したいと思います!その時はこちらのブログでもご紹介したいと思います。

14.jpg

15.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。
(企画室/おだむら)
posted by 企画室・オダムラ at 11:03| お祭り