cozycatag.png   top>blog

2019年08月27日

細見美術館展示「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」

休暇中のお出かけしたスポット紹介・第二弾です。


岡崎にあるおしゃれな美術館、細見美術館に行ってきました。

h.jpg

h1.jpg

h5.jpg



インドにある、タラブックスという小さな出版社で出版された本の展示、またタラブックスにてどのように本が作られるかが紹介された企画展です。

h2.jpg

お恥ずかしながら、「タラブックス」という出版社の存在を存じ上げなかったのですが、先日マヤルカ書店さんにお邪魔した際、店内に掲示されたポスターの美しさに一目惚れし、ファンになってしまいました。不思議な出会いに感謝です。

個人的に心惹かれたのは、現地の民族画家たちとの仕事により生まれた本たち。

h3.jpg

インド中央部に住むゴンド族のアーティストが描く「木」に、大自然を見た時に思う畏怖や美しさを感じました。

h4.jpg

驚いたのですが、シルクスクリーン印刷で1枚1枚印刷された本もあるそうです。しかも流通させるため1000冊単位で製作されたとか…
会場にてVTRで紹介されていましたが、スタッフの方数名が、慣れた手つきで作業しておられました。

展示内容ですが、写真撮影OKとのことでしたので、数枚撮らせていただきました。

今月18日で会期は終了してしまいましたが、タラブックスの今後の挑戦に注目です。

美しい絵や、タラブックスに携われている方の思いを知れて、本当によかったです。


さてこちらも、素晴らしい絵が堪能できる一筆箋「四季の花 一筆箋」。

IMG_6335.jpg

表現社の、おすすめの定番商品です。

作家・外山康雄さんの、細やかな草花の描写に頭の下がる思いがする一品です。四季を通してお使いいただけるところもおすすめポイント。

よろしければ、手にとってご覧くださいね。


ご覧いただき、ありがとうございました。
(企画室・おだむら)



posted by 企画室・オダムラ at 10:43| アートイベント

2019年06月12日

お財布の中身と、目が足りない。平安蚤の市19.6.10

先日、岡崎公園 平安神宮前広場にて 毎月10日に開催されている
「平安蚤の市」にお邪魔しました。

前々から関美穂子さんデザインのかわいいポスターは気になっていたものの、平日だとなかなか行きづらく。
今回は「視察」?ということで、堂々と行ってきました!

20190610_133451.jpg

どんよりとした空の下、鮮やかなのぼり旗がはためいています。
しかしこの広場、いつもイベントが開催されています。広々として景観が良くって、周りに観光スポットがあるのでついでに覗くことができるいいスポットなんですよね。

お茶したくなったら、目と鼻の先に蔦屋書店さんのカフェスペースもあります。

蚤の市ということで、販売しているものは古道具が中心。
お店の什器に使ったら雰囲気が出そうな机や、絵本に出てくるような丸イス、チェコの子供が遊ぶ人形、何に使うかわからないけど集めたくなる小瓶…

目移りしてしまって目が足りないのと、物欲が湧いてきて散財してしまうという危機感を感じたのですが、程よい?ところで強烈な雨が…

上桂にあるアンティーク・雑貨のお店Sutekkiさんと、二条駅近くのおしゃれな雑貨屋yanneさん(近日中に移転されます)のブースにお邪魔したあたりに特に雨あしが強くなり、さすがにこれは…となり平安神宮に避難。

20190610_143910.jpg

屋外のイベントはその日の天気にどうしても振り回されてしまうのが辛いところ。
あまりゆっくり拝見できなかったのですが、魅力的なお店が多く楽しめたので、長く続くイベントになるといいなと思いました。

平安蚤の市、ぜひみなさまのご予定に加えてみてくださいね。

ご覧いただき、ありがとうございました。
(企画室/おだむら)
posted by 企画室・オダムラ at 17:19| Comment(0) | アートイベント