cozycatag.png   top>blog

2019年07月25日

京都の夏の風物詩「祇園祭」!

こんにちは!
こちらのブログでははじめまして!の登場です。
 
表現社のブランドcozyca products製品を扱う、
京都にある直営店HIRAETHの店長をさせてもらっています、
企画チームの大島です。
 
今回、東京で開催されていた手紙社様主催の紙博へ出店していたため、小田村が参加できなかった京都のお祭りを、私が代わってご紹介させていただきます!
どうぞ、お手柔らかに。。
 
 
では早速。
今回は、皆さまご存知!京都の夏の風物詩「祇園祭」のご紹介です。
 
7月の一か月間、前祭、後祭と、様々な催しが行われる祇園祭。
古くは平安時代に疫病・災厄の除去を祈った祇園御霊会を始まりとする、八坂神社の祭礼だそう。
 
私は15日の夜、前祭宵山(宵々山)に参加してきました。
夕方18時〜四条通が歩行者天国になって、山鉾に吊り下げられた提灯に火が灯り、太鼓や笛の音が祭りを盛り上げます。

image1.jpeg

通りには多くの屋台が並び、観光客や、地元の子どもからお年寄りまで、老若男女、例年大勢の人で賑わうこの行事。
 
image2.jpeg

この日は幸いにも例年に比べると比較的涼しく(夜は肌寒いほど)、
三連休最終日の晩ということもあってか、人が少な目で、
たくさんの山と鉾をたっぷりと眺めて楽しむことができました。
 
 image4.jpeg

image5.jpeg
 
あちこちで賑やかに飛び交う笑い声とお囃子の音。
お子さまからおじいちゃんおばあちゃんまで、みんながニコニコ。
普段は車がびゅんびゅん走る大きな通りを
堂々と闊歩できるのも、この日だけ。なんだか特別で優越感♪
 
個人的には人生二度目の祇園祭への参加でしたが、
きっとこれから、年を重ねるごとに
このお祭りを体感して初めて、「夏が来たー!」と思うのだなぁと
そんなことを考えながら歩いていました。
 
 
京都にはそんな風に、年に一度の特別なお祭りが数多くあります。
どれもこれも体験したい!おすすめしたい!
 
せっかく京都にある会社、お店なので、
これからも、企画チームみんなでこちらのブログで
少しでも京都の魅力をお届けしていけたらいいなぁと考えています。
 
 
祇園祭はこのあとも「後祭山鉾巡行」や「花傘巡行」など
7月いっぱいまだまだ催事が続きます。
 
気になる方は、ぜひお出かけください。
 
 
それではまた!登場します。
 
企画室/HIRAETH 大島
posted by 企画室・オダムラ at 16:59| お祭り