cozycatag.png   top>blog

2019年12月07日

お久しぶりの「金閣寺」


もうお邪魔してから1ヶ月も経ってしまいましたが…

少し肌寒い、11月。
紅葉シーズン到来で混み混みになるその前に、いってきました金閣寺。
ちなみに金閣寺は、お釈迦様のお骨を奉った舎利殿(金閣寺)が特に有名ですが、正式名は「鹿苑寺」というそうです。
室町幕府三代将軍 足利義満が建てたお寺ですね。


弊社 表現社は、金閣寺さんのお土産屋さんに商品を置いていただいているのですが、境内にある売店がリニューアルしたということで、そこのチェックも兼ねての観光です。

今回バスで向かったのですが、京都駅から乗られた、様々な国からお越しのお客さんでもう満席…言語も色んな言葉が飛び交っていました。遠い国からわざわざ来てくださって、本当にありがたいことです。

まず総門からくぐり、受付にてパンフレットとお札を受けとります。達筆な字が、有り難さを醸し出しています…。

1.jpg

2.jpg

3.jpg



4.jpg

…とそこから数分とかからずお出ましの「金閣寺」!!

…いつ拝見しても金ぴかですね。有難いことです。
外国からのお客さんもニコニコしてらっしゃいました。たしかに自国の人間からしても、見るたび「わお!」となります。


前回来たときは、金ぴかに圧倒されて(かつ人の多さにおののいて)じっくり観察できなかったのですが、今回は様々な角度から撮影を試みてみました。



5.jpg

雨が降った際、排水がうまくできるよう 雨どい(しかも上の屋根→池と反対の方、下の屋根→池の方)が設置されていたり、考えられた設計。


6.jpg

また、光の当たり具合で印象が変わる不思議。



7.jpg

続いて境内をぐるり。
こちらは「銀河水」。義満公がこのわき水でお茶を召し上がったのでしょう。ありがたや。


8.jpg

「白蛇の塚」こちらは金閣寺の前所有者、西園寺家の守り神的な存在(弁財天の使いである白蛇)だそうで、足利家の所有物になったのちも残っているんだそう。


…金閣寺に毎度のことながら驚かされ、木々やお庭に癒され、とても楽しめました。
しかし いつか金閣寺の内部に入ってみたいな、という気持ちはおそらくこれからも叶わないでしょう…。(パンフレットに内部の情報が少し載っています!)



9.jpg

お目当ての売店ですが、とても綺麗な建物で、そしてなかなかの広さでした。
八つ橋などの銘菓から、金閣寺限定グッズ、和雑貨が並べられておりました。弊社のグッズも置いていただいておりました、有難うございます!


ただ少し残念に思ったのが、英語表記されていないグッズがちらほらあり、外国のお客さんが興味を示しても、何か分からず手放してしまう場面があったこと。
うちもその辺り考えないと…と反省したのでした。
まだまだ外語からのお客さんのために、出来ることはありそうです。


とにかく(無理やりまとめますが)金閣寺からは、いつも新鮮な驚きが貰えるので、また定期的にお邪魔できたらなと思います!


10.jpg

そういえば、大文字の「大」が見えていました。


*****************************

ほっこり京げしき写真.jpg

表現社では「金閣寺」をモチーフにしたグッズを
たくさん作っております!見つけたら是非お手にとってご覧くださいね!

沖野愛ポストカードセット
表現社 お土産カタログ

*****************************

ご覧いただき、ありがとうございました。
(企画室・おだむら)
posted by 企画室・オダムラ at 17:24| 寺社仏閣の拝観