2019年05月15日

《王朝風俗衣装が美しい…》葵祭2019!

こんにちは。

京都の老舗文具メーカー・表現社の企画室、オダムラです。
このたび、歴史の深い街、京都の魅力を伝えるため、ブログを始めることになりました!
よろしければ、お付き合いくださいませ。


さて、弊社(本社)は御所の側近くにあるのですが、昨日から「ピョロロー」とか「ドンドン」といった、
楽の音?が聞こえていました。

そう、本日5月15日は「葵祭」です。企画室をふらりと抜け出し、さっそくお邪魔してきました〜!


1.jpg


2.jpg

10時すぎですが、すでにたくさんのお客様が…



葵祭は上賀茂神社・下鴨神社の祭礼で、千年以上の歴史があるお祭りです。
葵祭のハイライト・路頭の儀では十二単を身に着けた斎王代など人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿(こし)1丁が巡行します。

路頭の儀のスタートは、御所です。
そこから…

京都御所出発(10:30)→堺町御門→丸太町通(11:00頃)→河原町通→下鴨神社到着(11:40頃)

下鴨神社出発(14:20)→下鴨本通→洛北高校前(14:40頃)→北大路通→北大路橋(14:55頃)→賀茂川堤→上賀茂神社到着(15:30頃)


といったルートを進行します。
平安装束を纏い、約8キロ歩くそうで、とっても大変そうですね〜…。
見る分には、目に華やかでとっても楽しいのですが…。


4.jpg

写真でうまく伝えられるか分からないのですが、境内はお祭りムードでとっても盛り上がっていました!この日に合わせて、ツアーで来られている方も多そうです。


3.jpg

少しですが出店?もあり、観覧席(チケット購入の必要あり)で優雅にお茶していただけます♪

5.jpg

10時30分、いよいよ進行が始まったようです!


6.jpg

7.jpg

牛車。

藤のむらさきが美しいです。

8.jpg

風流傘。

季節の花で装飾されています。

9.jpg

いよいよ本イベントの主役、「斎王代」が登場!!

周りの皆さんの、シャッターチャンスを逃すまい、といった緊張感が伝わってきました。

昔もこんな風に、息を詰めて輿の上を見守っていたのでしょうか…?

10.jpg

11.jpg

12.jpg

一行は御所から丸太町通りへ出て、下鴨神社へ向かわれました…。

現在の京都の町並みを、平安装束を着た人々が歩く姿がなんだか印象的でした。

京都に住んで長く経ちますが、こんなにゆっくり見物したのは初めてです。

とにかく観光客の方々でいっぱいで…!!魅力あるイベントだと再確認。大満足のひと時でした!


******************


さて、御所内には、「京都御苑中立売休憩所」なる休息所があるのはご存知でしょうか?

そちらには、弊社で作った製品もたくさん置いていただいています♪
メモやマグネット、クリアファイルなど、お土産にぴったりのグッズがたくさんございますので、御所に来られる際はぜひお立ち寄りくださいね。


さらに御所を出て、河原町通りを少し南に行っていただくと、
弊社直営店「cozycaproducts shop HIRAETH」がございます。

hiraeth店頭写真.jpg


こちらにも、京都のお土産にぴったりな、可愛い紙・布雑貨を揃えております。

余裕がございましたら、足をお運びくださいませ!


…実は、葵祭の前祭「御陰祭」にもお邪魔してきましたので、

そちらの記事は、また次回アップさせていただきます!



ここまでご覧いただき、ありがとうございました。


(企画室/オダムラ)

posted by 企画室・オダムラ at 18:13| 日記